妊娠中の歯の治療|家族で楽しく通える黒崎の歯医者「ひまわり歯科」

※希望される日時での予約が取れない場合、電話にてご相談ください。

妊娠中の歯の治療

家族の健康を守るお母さんへ

キッズクラブ会員募集!

  • お母さんも安心ひまわり歯科
  • 子どもの歯について
  • 妊婦さんの歯の治療
  • 大切なむし歯予防

初めての方へ

医院の特徴

歯の悩みを聞かせてくださいね!

院内・設備案内

スタッフ紹介

ブログ一覧

スタッフ募集!

歯科ポータル歯科タウン 当院掲載中!

上田歯科医院

妊娠中の歯の治療 ~マタニティ歯科~

女性にとって妊娠・出産は大きな出来事です。妊娠初期にはつわりになって歯みがきがおろそかになることも。食べ物にもかたよりが出て、虫歯や歯周病リスクが高まることも少なくありません。妊娠中でも歯の治療は可能ですが、できれば妊娠前に治しておくとよいでしょう。北九州市八幡西区の黒崎にある「ひまわり歯科」は、お母さんに優しい歯医者さんです。

おなかの赤ちゃんのためにママができること

赤ちゃんを妊娠するとお母さんの身体はいろいろ変調をきたします。それはお口の中も同じ。生活環境やホルモンバランス、体質の変化などによって、妊娠前よりも口内環境が悪化することがあるのです。

妊娠初期のつわりによって、歯ブラシをお口の中に入れるだけで吐き気をもよおすことも。歯みがきがしっかりできず、お口の中に食べ物のカスや汚れがたまって、細菌が棲みつきやすい環境になってしまいます。また、女性ホルモンの増加によって歯茎に炎症を引き起こし、妊娠性歯周炎のリスクが高まります。さらに唾液の質が変化してお口の中がネバつき、口内細菌の活動が活発になります。このように妊娠中のお口の中は、虫歯や歯周病にかかりやすい環境になっているのです。

とくに重度の歯周病の妊婦さんは、早産や低体重児出産など出産トラブルのリスクが高いことが知られています。生まれてくる赤ちゃんのためにも、妊婦さんは口内環境を清潔に保つように心がけましょう。歯科医院での定期検診や歯のクリーニングをおすすめします。

妊婦さんの注意点

妊娠中に歯科医院でお口のトラブルを解消しておくことは、妊婦さんにとっても生まれてくる赤ちゃんにとってもメリットがあります。妊婦さんが歯科治療を受ける場合には、安定期である妊娠中期がおすすめ。初期や後期でも治療は可能ですので、歯科医師にご相談ください。

治療時に行うレントゲン撮影では初期では使用をお控えいただき、中期より歯の部分だけを写すので、被ばく量はごくわずか。X線を防御するエプロンも使用しますので、おなかの赤ちゃんへの影響を心配する必要はありません。歯科麻酔も局所麻酔なのでご安心ください。

おなかの赤ちゃんが育ってくると、同じ姿勢でいるのも苦しくなってきます。当院では妊娠中のお母さんの体調に配慮して治療を行っていますので、ご自身が一番楽な姿勢をおとりください。診療途中のトイレや休憩など、遠慮なくお申し出ください。

当院では、安全が確認されている薬を使用し、処置しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

上田歯科医院

※希望される日時での予約が取れない場合、電話にてご相談ください。

pagetop